塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

お知らせの記事一覧

2022年5月9日 更新!
2022年5月キャンペーン実施中 土浦市・つくば市大歓迎!
こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店  WEB担当斉藤です。 5月広告キャンペーン実施中! 御契約金額に応じてカタログギフトをプレゼント!(完了引き渡し後) GWも終わり平常運転しております。なかなかの忙しさで工事工程はぎっしりとなっています。現在は6月の工程を組んでいます。わたくし共の仕事は6・7月は通常通りの流れで仕事ができています。梅雨明けの7月中旬~8月のお盆明けくらいまでが一番きつくなります。 先日龍ヶ崎市の完工現場に写真撮影と御挨拶に伺いました。僕らの仕事は御契約いただいた後からが勝負なのです。現場の段取り、完工引渡し、アフターフォロー(塗装を含めた住宅の相談や修理)が本来の業務です。ハウスメイク牛久が評価されているのは面倒見のよさではないでしょうか。こちらのお宅でも外溝フェンスやサッシなどの相談を受けており只今業者の手配を行っている次第です。 塗装は2色分け(1階と2階で色分け:料金は変わりません)で行いました。門塀塗装や、濡れん、物置なども塗装を施しています。施主様と写真を撮りながら「職人さんが良くやってくれた」などのお話をいただきありがたく思っております。   現場も順調に仕上がってきており、色合いも濃い目のはっきりしたものが人気となっています。下記画像は牛久市中央のお客様の住宅です。現場調査に伺ったときに私は屋根をドローンで撮影させていただきました。その時に中でお茶のみさせていただき工事概要や会社説明などをお話しました。御信用いただき「あとは金額よければ」というようなお言葉をいただき御契約に至っています。 あくまでも弊社の良さも、ときには至らない部分についてのお話もしています。そんな中で「もし工事するならこんな形はどうでしょう」というような提案方法を私はしております。あくまでも主役の営業ではありませんが、会社の広報として訪問を行っております。 我が家もいつも宣伝に使っております。ですので濃色の紺色系の塗装でやや派手にしております。1階と2階で色分けしました。あえて水性のラジカル制御形塗料を使用しております。水性塗料だから耐久性が短いなどと思っている方に証明したいからです。関西ペイントの「ダイナミックトップ」塗材を使っています。   下記画像は稲敷郡阿見町の完工現場写真です。ベース色は濃いグレーに見えてしまいますが、濃色のモスグリーンを使っています。プレマテックス製の「グラステージ エクストラカラー」が外壁塗料です。下部サイディング部分は「ニューアールダンテ」という多彩柄の塗料で仕上げました。多彩柄仕上げはその他スズカファインのWBアート仕上げでも施工できます。 窓廻りサッシの色がホワイトだからなおさら濃色が引き立つのです。施主様からも弊社スタッフのカラーセンスは評価されています。この現場は弊 社川名社長の管理物件です。   ハウスメイク牛久では土浦市・かすみがうら市・石岡市・つくば市などで集合住宅系物件(アパートやマンション)の塗装数多く施工しております。下記画像はかすみがうら市の完工物件です。不動産やさんなどを通しての塗装工事とは違い、細かなところまで配慮し作業を行っているため高評価をいただいております。しかも工事も余分な中間マージンがかからないので低価格での工事が可能です。   本日より取手市の2棟建てのアパートの塗装が始まります。大家様とドローン調査の際にいろいろお話させていただき信用いただけた現場なので工事の様子も確認しにいきたいと思っております。ダイレクトに予算をお聞きしたので話もスムーズにでき「予算が合わなければ断った方がいいですね」「僕の方からこの位の金額でなんとかならないか迫られたら断れないですから、押し切って下さい」と大家様側からの目線でお話をさせていただきました。お客様あってのハウスメイク牛久でございます。御愛顧くださいませ。   また弊社では工場・倉庫などの大型物件の提案も昨年度より行っております。おかげさまで行方市で工場屋根塗装、取手市工場の床塗装、龍ヶ崎市にて病院系施設の屋根塗装、稲敷市にて施設及び寮の外壁・屋根塗装など施工させていただきました。受注いただけた経緯はスピード感ある提案とロウコストでの塗装ができていることと思っております。施工班のきちんとした施工も高評価のお手紙をいただいております。     工場・倉庫の塗装提案 ハウスメイク牛久は大型物件に定評がありとても親切な料金システムで担当者様から喜ばれています。アパート経営のオーナー様も一度工事をお願いしたら次も必ずというほど信頼されています。 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 屋根のドローン点検などのお申込みもどうぞこちらから、もちろん無料で行うことができます。 ショールーム紹介はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! 屋根材、塗料の見本など豊富にそろっております。コロナ対策もバッチリです。 土浦市の施工事例はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗料の詳細はこちら 多重ラジカル制御形無機塗料 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

続きはこちら

2022年4月19日 更新!
土浦市でも火災保険を使った相談が多発してます。要注意!
こんにちはハウスメイク牛久土浦店WEB担当のSAIZOです。 今日は脳みそが固まっていてなかなかブログ執筆に至らず、現場に出て写真を撮ってきました。最初の3枚は施工前 施工中:2022年4月19日現在 外壁・屋根塗装 外壁:窯業系サイディング 屋根:折半屋根と化粧スレート 必ず足場幕が下がっています。河童のマークが目印です。 共用廊下の塗装も手がかかります。養生もしっかりと行わなければなりません。 外壁は今日の段階で3工程仕上げ済みでした。美しい艶が目を引きます。 土浦市、つくば市、かすみがうら市などからアパートを中古で買ったのでリフォーム(特に塗装工事)の相談がしたいという内容の案件が多く寄せられています。。 現在も土浦市が在住ではなかったのですが県北にも物件を持っていて、今回は霞ヶ浦巣の稲吉のアパートを塗装(外壁・屋根)したいというオーナーさんが2月下旬ごろに来店されました。私はいつものように現場調査の際にドローン点検が任務でございますので、今回の物件もドローンを持って撮影してきました。共用廊下が結構な面積がある物件で他社では300万円を超す見積もりが出ていたとききました。確かに350万円前後の積算でも決して高くない内容です。今回は200万円後半の金額で弊社が請負ました。後日完成しましたら、施工事例にも載せますのでお楽しみに。 ハウスメイク牛久では中型物件としてアパートやマンションの案件を数多く工事しております。昨年末からホームページを見ていただいて興味を示して頂き問い合わせに繋がることが多くなってきました。現在稲吉の物件を工事しておりますが、来月には取手市のアパート2棟を予定しております。また5月後半にも取手市のマンション、つくば市のアパート、石岡市のアパートの調査や工事が続いております。戸建住宅の塗装を手掛けながらこのような工事をしっかりとできるのはハウスメイク牛久の力であり、職人の質が高く親方衆の努力の賜物でございます。   火災保険のトラブル相談が倍増! 検挙されるリフォーム会社も(リフォーム産業新聞より) 日本損害保険協会関東支部(東京都千代田区)が運営する東京都損害保険防犯対策協議会は3月23日、警視庁生活安全部保安課に対して、感謝状を贈呈した。理由は無資格で火災保険の請求代行をしたリフォーム会社社長らを警視庁が検挙したからだ。検挙されたのは千葉県船橋市のリフォーム会社社長ら3人。マンションの雨除けが台風で破損したと偽って、保険金を保険会社に請求。約320万円を詐取したとして検挙された。不正請求という詐欺行為でも立件されたが、弁護士資格を持っていないのにもかかわらず施主に代わって保険金の申請代行を報酬付きでしたことでも立件された。「社長らは複数の保険会社に対して、無資格で嘘の請求を約70件も行っていたとされ、請求額は合計で約2億円分にも及んでいた。 国民生活センターによると、火災、地震保険の請求をサポートするという事業者とのトラブルが急増している。2020年度は大きな災害がなかったにも関わらず、前年度の約2倍、5359件のトラブル相談があった。 例えばこのような相談事例がある。業者は「うちがサポートすると平均100万円は皆さんがもらっていますよ。支払われた保険金の使い道は自由です。」といった甘い言葉で勧誘するケース。しかし実際は申請が通っても高い手数料を取られたり、ひどい場合では申請が通らないのに手数料だけ請求されるということもある。「基本的に保険金申請に手数料はありません。重要なポイントは、保険金から手数料が不正に引かれることで、本来の保険金の役割がなくなってしまうことです。」 虚偽の申請で業者側が保険金を詐取する事例もある。保険低要害の工事に対して、業者側が保険申請を提案するケースです。こういった場合、消費者は知らない間に詐欺に加担してしまう。業者が屋根などを意図的に壊して不正請求するといこともあった。 ではリフォーム業者は何に気を付けるべきか。「基本的に有償無償にかかわらず、保険金の申請代行は推奨できません。保険金が使えることをしっかりと顧客へ周知することは必要ですが、保険金ん申請まで代理で行うと、法律違反などのトラブルに繋がってしまいます」   結び:火災保険を使う場合にはよく確認を行って下さい。もちろん、高所は地元の信頼のおける業者に点検してもらいましょう。外部からきた業者の甘い言葉や指摘を絶対に受け入れないことです。被害者ならず当事者になってしまったら大変なことです。知らず知らずに住宅を壊され、写真を取られ申請され施主様の意向と違う結果になってしまうようではいけません。ハウスメイク牛久でも現場調査に伺い屋根や雨樋の破損状況によって保険対応もいたしております。しかし、それは申請に添付する写真や見積書を提出するだけです。申請代行などは一切いたしておりません。結果として補修費の一部に充当出来て喜んで頂けるケースも多くあります。         工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら      

続きはこちら

2022年4月15日 更新!
クリヤー塗装時のコーキングの処理 土浦市塗り替えのプロとして
4月15日(金)天候 雨 外気温9℃くらい。寒いです。 会社の机のある位置が店の中で一番底冷えする場所。 冬ならば普通のことですが足元のストーブはもうしまってしまった~。足元だけが冷えて体全体が冷える感じ。 こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店のブログを管理、執筆しておりますSAIZOです。汗はかくけれど僕は夏の方が好きです。今日も身も心も枯れることなく頭をくるくる回しております。出勤して2時間近く、記事のタイトルが決まらなかった。新聞見たりネットで検索をかけてみたり。 本日の課題となる記事はコーキング処理についてです。コーキングの見直しをしなければならない箇所は窓廻り、軒天と壁の取り合い部分、窯業系サイディングの横張りの竪目地、窯業系サイディングの竪張りの横目地などが主な施工場所です。コーキング処理を施したのちに塗装がかかれば色合いの違いは塗装で消されます。しかしながら窯業系サイディングでも高意匠性のボードをクリヤー塗装する場合はコーキング色の色合いは既存色に合わせる必要があります。 コーキングの必要性や種類について、その他注意点などをあげていきます。   最近では多くの戸建て住宅の外壁に「サイディング」が採用されています。 ここ数年の間に新築住宅を購入されたという方のほとんどがサイディング外壁なのではないでしょうか。意匠性も高く、作業性も良いということから新築のハウスメーカーは窯業系サイディングボードで設計し建築しています。サイディング外壁についての外壁塗装やメンテナンスに関する内容をお伝えしていきたいと思います。 サイディングはおよそ10年程度で塗装が必要(一般的な見解、近年は耐久性、耐候性が上がってきている) 一口にサイディングといってもいくつかの種類があります。一般的な窯業系サイディングはセメント質原料、繊維質原料、および混和材からなる混合原料を成型、養生硬化し、防火性能に優れ、強くてしなやかな板状の外装材のことです。素材自体に防水性が備わっているわけではないので塗装が施してあります。製品製造段階の表面の塗装は雨や紫外線の影響を受け劣化していきます。およそ10年~15年程度で外壁塗装を実施する時期を迎えます。 外壁にサイディングを採用している場合、外壁そのものの劣化もあるのですが外壁と外壁のつなぎ目に施工するシーリング(コーキングとも言います)の劣化にも注意しなければなりません。 サイディングが割れていたり、シーリングが劣化(表面のひび割れボード接着面からの剥がれ)したりしているままリフォームを実施せずにいると、隙間から雨水が侵入して建物本体の劣化につながってしまいます。新築時からの経過年数で10年前後から、前回の外壁塗装リフォームを行っていればその時点から10年程度以上経過しているタイミングで見直し点検を行っておくことが望ましいです。症状が顕著であれば相即手入れが必要です。 これが出たら塗装のサイン!劣化を知らせる4つのポイント サイディングについて外壁塗装のタイミングはどのように判断するとよいのでしょうか? ここでは、以下の4つの症状をご紹介します。 変色 クラック チョーキング シーリングの異変 それぞれについて見ていきましょう。 ~変色~ サイディングが紫外線や雨風を受けることで変色してしまう現象です。チョーキング、色落ち、塗膜が粉上に劣化してしまい雨で流されたりすることで色が変わってしまうのです。単純に見た目が悪くなることもありますが、塗料の劣化を示すサインでもあり、放置すると防水性を損ねている状態なので水分を吸ったり、乾いたりを繰り返すことでクラックや塗装の剥がれの原因となります。被害が拡大する前に外壁塗装リフォームを検討するとよいでしょう。 ~クラック~ サイディングにひび割れが見られる現象です。通常は塗膜で覆われているサイディングですが、長い時間をかけて塗料が劣化したときに起こりやすくなります。地震など災害を原因とするものもありますが、放置するとサイディング裏面にも雨水が入り込んでしまうのでひび割れや変形を引き起こしてしまいます。場合によっては雨漏りの要因にもなりかねません。小さなクラックのことをヘアークラックと呼びますが、クラックの大きさによっては早急に補修することが求められるでしょう。また塗装時にコーキング補修を行いますが、状態が悪い場合は同じボードが手に入るのであれば交換することも視野にいれておきましょう。ハウスメーカーなどに使われたボードの製造メーカーや製品名を問合せすれば特定できると思います。 ~チョーキング~(変色と同じような事象です) 塗料が劣化したときに起こる現象で、塗料に含まれている顔料が白い粉上に外壁の表面に見られるようになります。チョーキングは手で触ると手に白い粉がつくのですぐに分かるでしょう。チョーキングは塗料の劣化を表すサインで主な原因は紫外線です。放っておくと塗料の剥がれや変色、クラックにつながる可能性があるため、早いタイミングで外壁塗装リフォームを検討する必要があります。塗装は予防的要素が強いので傷み切ってしまうと元には戻せません。 ~シーリングの異変~ また、サイディングとサイディングをつなぐシーリングの異変についてもよく確認しておく必要があります。シーリングがひび割れたり剥がれていたりすると、例えサイディングの状態がよくとも、そこから建物本体の劣化につながってしまう可能性があります。見た目もよくないため、シーリングに異変が見られるようになったら外壁塗装リフォームを検討するようにしましょう。 ~自分でできる日常のメンテナンスとは?~ サイディングの劣化を示す現象についてお伝えしましたが、以下のような症状であればホームセンターなどで素材を購入して自分でメンテナンスすることも可能です。 小さなひび割れの補修 シーリングの打ち替え 特にシーリングの打ち替えについてはサイディングの塗料は問題ないのにシーリングだけ劣化しているといった状況で、自分で施工できると費用をかなり安く抑えることができます。2階部分となると高所作業になるので梯子などでは絶対にやらないようにして下さい。大怪我をして後悔されてはいけませんので。気になるサイズの隙間があるようであれば業者に依頼してしまった方が安心です。弊社でも無料にて点検を行うことができます。 サイディングの外壁塗装リフォームについて、実施のタイミングや劣化状況の判断方法などをお伝えしました。多くの場合、サイディングは10年~15年前後で外壁塗装リフォームを実施する必要がありますが、シーリングはそれより短い期間で悪化することもある点に注意が必要です。サイディングに今回ご紹介した症状が見られる場合には、できるだけ早い段階で業者に相談することをおすすめします。塗装内容をクリヤー塗装でお考えであればもう少し早めに見直ししておきましょう。   現在、戸建ての建築に最も多く使用されている外壁材が「サイディングボード」です。建物の外壁に貼り合わせていくパネル型の外壁材になりますが、パネルとパネルのつなぎ目(板間、目地)には、ゴム状の弾力性のあるシーリング(コーキングとも言います)が施工されています。シーリングには外壁材の隙間からの水の侵入を防ぐ「防水」の役目や、建物の揺れや寒暖差などによりサイディングボードが膨張・伸縮した際に、サイディングボード同士の衝撃や負荷を和らげる「緩衝」の役割など重要な働きがありますが、シーリングは経年とともに劣化していきます。そのため、外壁塗装のタイミングに合わせて一緒にシーリングも補修することをお勧めします。「シーリングの上から塗装しても大丈夫か」といったお問い合わせを業者様・お施主様双方よりよくお寄せいただきます。そこで今回はシーリング上に塗装した場合に起こりうる現象とその原因、そして、そもそもシーリング部への塗装の是非について、塗装のプロとしての見解をお答えします。 ★シーリング上の塗膜割れとは 下の画像のようにシーリング上の塗膜が割れてしまっている状態を見たことがないでしょうか?もしかしたら、まさに今ご自宅がそのような状態にある。という方もいらっしゃるかもしれません。まずは御自身で住宅を点検してみて下さい。 見栄えが悪いばかりか、「施工不良では?」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 シーリング上の塗膜割れの要因 シーリング上の塗膜割れの原因に関しては、いくつかの要因が複合的に重なることで発生するため、「これが原因です」と現場で的確に特定することはなかなか困難です。考えられる要因を5つ紹介いたします。 ① サイディングボードの伸縮 冒頭でも述べましたが、サイディングボードは温度や湿度の変化により伸縮を繰り返しており、それをシーリングの伸縮性が吸収しています。これを日々繰り返すことにより、シーリング上の塗膜が徐々に割れてしまいます。シーリングは柔らかく、塗料は乾燥すれば硬くなる、互いの伸縮の度合いが違うのでそういった症状はでます。 ② 建物の揺れや動き 地震や風、交通の影響により建物は常に揺れや振動を起こしています。①のようなゆっくりとした挙動に加え、このような瞬発的な動きも塗膜割れの要因となります。上記載したように伸縮の度合いが違うので大きく引っ張られてしまうと塗膜割れします。 ③ 使用する塗料の塗膜硬度 塗料は製品によって塗膜の硬度が異なります。窯業系サイディングボードであれば柔軟性をもたせた塗材を使うのがプロとしては常識なのですが、知らない担当者はそのあたりも失敗しているのです。塗膜硬度が高いほど耐候性が高かったり汚れに強かったりする傾向がありますが、シーリング上などの柔らかい部分では硬い塗膜がシーリングに追従できず、結果、より割れやすくなります。 ④ シーリング材の乾燥不足 乾燥硬化するまでの日数はシーリングにより異なります。十分に乾燥を確認してから塗装しないと、シーリングの乾燥過程で起こる表面積の変化に塗膜がついていけず、引っ張られることで初期の塗膜割れの要因になります。完全な乾燥と言えるまでにはかなりの時間を要します。シーリングを打った後に塗装をするときは速乾性のものでも翌日以降、人気のある「オートンイクシード」等であれば3~5日程度は空けないとシーリングを引っ張ってしまうので塗装できません。 ⑤ シーリングの施工不良 古いシーリングを撤去する際に、目地底とシーリングを縁切りするボンドブレーカーまで取れてしまうケースがあります。 シーリングは本来左右2面のサイディングに生じる負荷を緩衝しますが、目地底にボンドブレーカーがないまま打設(新しいシーリングを充填)してしまうと3面接着となってしまいます。シーリングの背中がくっついていると表面の痩せ幅も大きくなってしまい、初期の塗膜割れリスクが高くなるばかりか、シーリングそのものの断裂にも繋がってしまいます。 以上のように、シーリング上の塗膜の割れは、一つまたは複数の要因が重なることによって自然と起きてしまいます。しかし、シーリング上の塗膜が割れたとしてもシーリング自体が劣化や断裂したりしない限り、防水や外壁材の緩衝などのシーリング本来の機能が損なわれるわけではないため、あくまでも意匠的な問題にとどまります。ですので、再度補修塗り(タッチアップ)をすれば見た目は補修されますが、再び割れる可能性が高く根本的な解決策にはなりません。そこで、多くの塗料メーカーが推奨する工法が次に紹介するシーリングの「後打ち」になります。 シーリングの先打ち後打ちとは 外壁塗装のタイミングで行うシーリング工事には、古いシーリングを撤去したのち、新しいシーリングを充填、乾燥を待ってから外壁材と一緒にシーリングも塗装する「先打ち」と、外壁の塗装をしたのちに、新しいシーリングを充填する「後打ち」があります。 後打ちであればシーリングの上に塗装を行わないため、当然塗膜割れが起きる心配はありません。先程、塗料メーカーは後打ちを推奨していると述べた理由はそこにあります。どちらの工法が正しい、間違っているという訳ではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。デメリットの対処法も合わせて、詳しく紹介していきます。 先打ちのメリット・デメリットと対処法 【先打ちのメリット】 ・外壁とシーリングが同色の塗装で覆われるため全体的な仕上がりがきれいに見える ・シーリングが塗膜で保護されるため、シーリング自体の劣化が遅い ・作業がしやすい 【先打ちのデメリット】 ・動きのあるシーリング上の塗膜の割れ、剥がれなどが起きる 【先打ちのデメリットの対処法】 ・ノンブリードタイプのシーリングでブリードを防ぐ ・割れても目立ちにくいシーリング色を選ぶ ・シーリングの動きに追従しやすくなる弾性塗料の使用 ・シーリング用の割れ抑制シーラーで塗膜割れしにくくする ブリード…シーリング材に含まれる可塑剤がにじみ出し、塗料や汚れと反応して変色する現象 あくまでも塗膜割れのリスクを理解したうえでの対策になりますが、シーリング部の意匠的なトラブルリスクを軽減することができます。 シーリング上で「絶対に」割れない上塗り塗料はない 外壁塗装を行う際のシーリング工事では先打ちする場合が比較的多く、実際にシーリング上の塗膜割れの相談も多いです。 ある程度の対処法は上記で挙げた通りですが、メーカーとしてこのシーリング上の塗膜割れについてもう少し掘り下げて説明いたします シーリングは家が揺れた際に外壁材が割れないよう力を分散する効果があるため、ゴムのように柔らく伸び縮みします。 その上に硬い塗膜を載せると……どうなるでしょう。 シーリングの上にピッタリと付着した塗膜はシーリングの動きについていけず、ひび割れを起こしてしまうことがあります。 建築用の上塗り塗料は改修用シーリング材とも相性が良いものが多いのですが、あくまでも本来は屋根基材や外壁基材を保護するための数十ミクロンの薄い膜です。そのため、とても柔らかく動きの多いシーリングに完全に追従する性能は付与できません 弾性系塗料など、乾燥後の塗膜が比較的柔らかいタイプの塗料もありますが、あくまでも通常の上塗り塗料と比較して追従”しやす”く、割れ“にくい”に留まるものになります。そのため、特殊な壁面塗膜防水材などを除いて、「住宅塗装ではシーリング上で「絶対に」割れない塗膜はない」ということをあらかじめ理解しておく必要があります。 後打ちのメリット・デメリットと対処法 【後打ちのメリット】 ・シーリング上に塗膜がないため当然塗膜割れの心配がない。 【後打ちのデメリット】 ・シーリングが塗膜で保護されず直接紫外線の影響を受けるため先打ちと比べてシーリングの劣化が早い。 ・外壁色とシーリング材の色調をピッタリ合わせることが難しいため、シーリングの色によっては完工後に目地部分の色が浮いて見える場合がある。 【後打ちのデメリットの対処法】 塗膜割れを敬遠して後打ちを選択しても、「塗装よりシーリングが先にダメになってしまった…」ということになれば余計な出費に繋がります。ですので、後打ちを選ぶ際には高耐候のシーリング材をおすすめします。現在発売されている高耐候のシーリング材には「オートンイクシード プレマエディション」のように、保護防水機能に長期保証が付く製品もあります。 また、そのような高耐久のシーリング材は塗り替え時の後打ちを前提として多くのカラーバリョン揃えていますので、できるだけ外壁色に近い色を選ぶことで先打ちのように全体的な外観をキレイに仕上げることもできます。 上記のようにそれぞれメリットとデメリットがあるため、どちらにすべきか、ご自宅の状況とご希望を担当の施工店へ伝えて相談をしたほうがよいでしょう。 シーリング工事には「増し打ち」もあるが… 既存の痩せきったシーリングの上から新しくシーリング材を盛り足す工法を「増し打ち」と言います。基本的には古いシーリングをしっかりと撤去してから新たに打ち直したほうが良いのですが、ALC外壁やサイディングのサッシ周りなどシーリングの撤去が難しい場合は増し打ちを行います。 増し打ちしても、所定の厚みを付けることができませんので、シーリング機能の増強にはなりません。また、増し打ち部分のめくれなども起こりやすいことから、できる限り打ち替えをおすすめします。 おわりに シーリングの施工法やシーリング上の塗膜割れについて、塗料メーカーの視点から解説をしてきました。 シーリング上の塗膜割れは、認識不足から施工後のトラブルやメーカーへの相談が最も多いものの一つになります。しかし、基本的にシーリング上は塗装適用基材に含まれませんし、シーリング用の塗装仕様もありません。一方のシーリングメーカーに問い合わせても、塗膜割れに関してはシーリング自体の不具合ではないため、はっきりした回答は得られません。後打ち先打ち、塗膜割れの十分な説明や理解がないまま「割れたらタッチアップで直せばいい」という考えは、「シーリング上の塗膜割れは施工や塗料の不具合」という認識を招いてしまい、クレームやいつまでも終わらない補修を繰り返すことになりかねません。そのため、塗装の本来の役割、シーリングの役割、先打ちや後打ちのメリット・デメリットを事前にご理解いただくことが、のちのトラブルや不安を取り除くことにつながります。 家の状況をしっかり判断し、上記の説明をしっかりと果たしてくれる塗装業者を選ぶことをおすすめします。   工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

続きはこちら

2022年4月13日 更新!
土浦市 塗装の王 SAIZOことハウスメイク牛久
こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店のWEB担当SAIZOです。 サイや象は体が大きく百獣の王と呼ばれるライオンでさえも戦いをいどみません。私にも仕事上で戦いを挑んでくる人がないようにネームをサイと象からSAIZOにしました。太っちょで体のイメージもそんな感じです。(現在ジムで体を動かしているので177cm、82キロ。最大体重は103キロ) ハウスメイク牛久土浦店も外壁塗装の王者を目指しております。実質ハウスメイク牛久として着工・完工の現場棟数は、他社では追いつく事さえもできないほどのぶっちぎり状態です。茨城県南の外壁塗装・屋根塗装のNO.1です。それだけ地域にお客様に信頼され御指名いただいているということなのです。土浦市でこの2年半をカウントしてみますと、総軒数208軒となっています。最も多い地域は永国、神立、中村西根、右籾、中、乙戸南、桜ケ丘、高津、小松、小岩田、烏山、真鍋までが5軒以上、支店のある永国地区は23軒となっています。皆様本当にありがとうございました。その他つくば市、石岡市、かすみがうら市、阿見町なども多数現場を行っております。 10班以上の職人チームを毎月動かせるのも会社の力です。他の業者で10班以上キープすることはできません。何故ならその職方に遊びが出てしまえば食べていけなくなってしまいます。責任を背負っているのです。僕らも必死で注文をいただけるように努力しています。いい職人というのは遊びが出ることを嫌います。技能の高い職人は絶対に放してならないのです。会社の宝ですから。 ★塗装の王者になるために行っていること ・毎月、必ず広告を出す。(新聞の折込チラシを継続して入れる。そのことで認知度を高め信頼度をあげていく) ・WEBのブログ更新を頻繁に行う。(完了現場やお客様の声などをアップして紹介していく。) 屋根の葺き替えを検討されている方へ(防水紙)ブログ 塗料の反応硬化不良とはブログ 進化しているクリヤー塗料ブログ ・WEBブログで塗装の知識を持ってもらう。(悪質な業者から守り、必要のない工事等は断れる知恵を持ってもらう) ・常に最新の塗料や屋根材を紹介し施工実績をあげていけるようにする。(メーカーとの勉強会を行い、商品知識を高める) ・御相談をいただき現場調査に出向いたときにしっかりと建物の点検を行い、報告ができるようにする。 ・積算はしっかりと行い、2~3パターンの見積りを作成し、比較できるような配慮をする。 ・契約をいただき工事に入ったときは現場管理をしっかりと行い、日々の報告を怠らない。御近隣への配慮もしっかりと行っておく。 ・Googleマップの口コミの協力を仰ぎ評判を拡散できるよう努力する。   ★土浦市・つくば市 地域シェアー率NO.1の自覚 塗装工事プロならば ・しっかりとした保証体制を取っている。(塗料ごとの塗膜保証が書面にて発行される) ・積算書は使う塗料が塗料名入りで記載される。(意外とメーカーや塗料名が書かれていないことが多いので注意) ・クーリングオフ期間内には工程は組まない。(クーリングオフされるのが怖くて契約日から7日以内までに工事をおこなってしまうあくしつな業者が多いので注意) ・塗装工事以外、住宅にかかわる工事はすべてできるだけの体制と実績を持っている。(最低限、大工、板金店、設備関連職人、資材問屋との関係が良好でなければいけない)これは提案時に発生する付帯工事が速やかにできるということを意味しています。その後の施主様との関係性を継続していくためにもリフォームはすべてキレイに速やかにできないと業者としては恥ずかしいです。 ・耐久性能10年以下の塗料は扱はない。逆に言えば高機能性塗料に特化していること。現在の高機能性塗料は①シリコン最強グレード「ナノシリコン樹脂塗料」②ラジカル制御形塗料③多重ラジカル制御形塗料④有機と無機のハイブリッド系塗料⑤無機系塗料⑥多重ラジカル制御形無機塗料などがプロとして推奨できる高機能性塗料です。促進耐候性試験の結果において15年経過したことを想定したグラフで光沢の保持率(塗膜劣化の目安が80%を大きく下回らない結果になっている)が安定している塗料。 ・塗装工事の相場価格を大きく逸脱させない。(工事原価に対して利益の積み上げ率を一定の水準で積算する。25~35%程度)訪問販売やハウスメーカーは往々にしてその率を逸脱し工事原価の倍額以上で積算しているケースが多い。下請けの下請けなど利益の2重構造が問題であったり、悪意を感じるほどの積算額というケースもあります。即決をせまってはいてもけして安く見積もっていないので注意。(今日だったっらのトークに注意、見積書を手書きし残していかないようなら間違いなく悪質業者です。) ・人材 リフォーム会社として他社より優れていると自負していることがあります。それは「提案力」「実績」「人材」の3点です。 「提案力」:提案力というものは会社の営業力のバロメーターでございます。提案力を持つためには、充分なる経験値とすべてに精通している会社の力が必要です。塗装しかできない職人の会社ではなく、住宅の事を聞かれたならばお応えできる力量を持つことです。塗装してはいけない材質の屋根を塗ってしまう業者が多いのですが、自社で葺き替えが段取りできなければ「まだ大丈夫、塗装できます」と言うでしょう。屋根に上って点検したのでしょうか? ドローンなどを使って確認したのでしょうか? もしそれを行わないで屋根塗装などを契約した場合このような結果も考えられます。工事が始まり、高圧洗浄を行った際に見事なまでに割れてしまう、亀裂、破損などで本当は塗装ではダメ。そんなときに仕事をキャンセルすることもできず、施主様に報告もなしに無理に塗ってしまうことが結構あるのです。提案力があって自社の総合力が高ければ葺き替えの提案などもできるはずですよ。 提案力を磨くためには、経験値を高め鋭い洞察力を身に着けていかなければなりません。僕らはお客様に必ず聞きます。「築何年なのか、どこのメーカの屋根材なのか、図面に記載があるか」を聞くことで勉強しています。「この瓦はノンアスベストの弱い瓦の商品名だ、症状も酷似している」となれば塗装提案はやめます。大工・板金屋・サッシ屋・屋根屋・設備屋・電気屋・内装業者・取引できる住宅設備問屋など密接に取引があれば、「屋根はガルバニウム鋼板の葺き替え、雨樋は部分交換で外壁は塗装しよう、網戸の枠が変形しているからサッシ屋に修理依頼しておこう・・・・・など」と施主様に言えます。どんなことも安心して頼める会社、「ハウスメイク牛久で工事して良かった」と言っていただくことができます。また提案できるといことは仕事の自信の表れでもあります。 「実績」:実績は社歴に準じた施工棟数、地域に密着した中での近隣現場棟数を持っているのかよく調べたり聞いたりしておきましょう。5年や10年では実績不十分です。最低でも15年~20年地域に居を構え営業し続けていることです。チェーン展開された企業は1店舗当たりの施工棟数は少なく、全体の棟数で威厳を放っていますがハウスメイク牛久とは勝負にもなりません。店を中心に6500棟以上の現場数を持っているのがハウスメイク牛久です。また会社の経営状態は良好で売上・経常利益など安定しています。データバンクで調べていただいても結構です。先が見えなくなりそうな業者は山ほどありますので注意しましょう。 「人材」:企業にとって一番の宝は人材です。ハウスメイク牛久では積極的に新卒採用は行っていません。新卒者を教育することもできるのですが忙しさにかまけて時間が取れなかったりしています。常に営業経験、又は施工管理のできる人材を募集しています。現在本店のスタッフは5名、土浦店のスタッフは2名です。7名で7名がリフォーム業界で15年以上実務に携わってきた経験者です。そして営業のお客様の評価は、アンケート返信9割近くが90点以上の評価をいただいています。近隣のリフォーム店の営業さんとは比較になりません。相見積もりでも7割以上の成約率を誇っています。「感謝の気持ちを持つ」「気遣い・心配りでを忘れない」「勤勉であり続ける真面目さを持つ」というモットーを掲げ人材教育に力を注いで常に人材の宝庫でありたいと思います。ハウスメイク牛久のスタッフは個性派ばかりですがみな人柄も良く実績も積んできています。   不安な事柄はハウスメイク牛久SAIZO(斉藤)までお問い合わせいただいても大丈夫です。御指名して下さい。積算依頼前の不安な事柄を解消いたしします。     工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら    

続きはこちら

2022年4月9日 更新!
土浦市の魅力ある塗装店 ハウスメイク牛久のスペシャル塗料
こんばんは、ハウスメイク牛久土浦店のWEB担当のSAIZOです。 SAIZOとは動物のサイと象をイメージした雰囲気を持つ男という事で、何故か自分でつけたあだ名だったのです。SAITOをもじった感じで気に入っております。先ほどSAIZOマークを自作してみました。塗装で検索してSAIZOが出ればちょっとおもしろいかも・・・・・ 土浦市の街の歴史は古いですね。土浦市のホームページの歴史の中では、今から1万4千年以上前の旧石器時代から人々がすでに暮らしていたことを知らせる遺跡が市内の摩利山・常名・木田余・田村・沖宿地区などから発見されています。江戸時代には水陸交通の要となり江戸と取引を行う商人も出現しました。野田や銚子とともに醤油の産地としても有名になりました。生まれ育った街、住んでいる街の歴史を紐解くことは少ないのかもしれませんが、人も街も家も知ることから始まり愛していきたいものですね。 そんな土浦市は現在、塗装屋さんも盛んですね。「土浦市 外壁塗装」で検索すると業者がたくさん出てきます。Googleで検索すると、1ページ目の上段はリスティング広告という広告料を支払って掲載している会社が優先して出ています。左上に「広告」と表示されているものはそれにあたります。純正なる検索順位1位はその下からの会社です。 本日は 1番目が土浦市に会社がある「プロタイムズ土浦店」 2番目が牛久が本店で支店が土浦にある弊社です。「ハウスメイク牛久」 3番目がポータルサイト(業者斡旋会社)「リビロペイント」 4番目は土浦市荒川沖「奥広」 5番目は土浦市菅谷のペイント倶楽部加盟の「弘和リビング」 6番目はポータルサイト「外壁塗装ホットライン」 7番目は土浦市神立にある「街の外壁塗装屋さんつくば土浦店」株式会社 霞美装 8番目は1番目の会社と同じ「プロタイムズ土浦店」 9番目がポータルサイト掲載 土浦市永国にある弊社土浦店「ハウスメイク牛久土浦店」 10番目が土浦市永国にある弊社土浦店のサイト「ハウスメイク土浦店」 という状況です。ポータルサイトは業者の評価に値しないので除外して考えます。お金を払って物件を紹介してもらうサイトに加盟してるのみで自社のホームページがおざなりの会社は会社としての力量が不足していることが多いです。実際の契約額より20%前後差っ引いた工事と思って下さい。(業者がポータルサイトに支払う額分) そうなると激戦地域に真っ向勝負できるお客様にとって有効な業者は ・「プロタイムズ土浦店」基本塗料はアステックペイントとなっています。店長さんの藤井さんの人柄が人気。現在はショールームが土浦市中高津にあります。   ・「ハウスメイク牛久」基本塗料は特になくプレマテックスのパートナーズショップなのでプレマテックス製塗料が使えます。 ・「奥広」基本塗料は特にありません。ペイントライン加盟店塗料の無機チタンガードが使えます。 ・「霞美装」アステックペイントが中心となっています。その他の塗料ももちろんOK. 以上4社です。もちろんつくば市や牛久市、近隣の市町村業者でも構いませんが、毎年のように話題になる「春先の土浦市リフォーム助成金」の対象は土浦市に会社または支店のある業者への依頼が条件となっていますので土浦市の優良業者を紹介しました。「ブログで他社を紹介するなんてナンセンスですよ」と言われますけれどともに地域活性化のために頑張っている同志でもありますし、いい所は真似もしてますしともに繁栄できることを願っております。   ハウスメイク牛久のスペシャル塗料! ハウスメイク牛久で超お勧めしている塗料の紹介はちょっと後にして最近個人的に気になる塗料を紹介したいです。 SK化研工業の「プレミアム無機」です。弊社の営業も水性塗料は駄目!もたない!という認識をしていますが、現在人気の塗料は水性が多くなっています。溶剤と水性で希釈するのが「塗料シンナー」なのか「水」なのかという事の違いです。メーカーでも耐候性などにも大きな違いはないと言っております。現実我が家は「ラジカル制御形水性シリコン系」で外壁を塗装しています。2年経過の段階ではまるで光沢感も変わらず壁にピタっと密着しており経過は良好です。そんな最中、SK化研工業さんからプレミアムシリーズの無機塗料「プレミアム無機が昨年発売されました。プレミアムシリコンもかなりの光沢感と性能を有していましたが、そのプレミアムに無機タイプが追加されました。値段も抑えられていて価格帯のレベル以上の効果が期待できそうです。大きな特徴としては、耐候性がずば抜けている。ハイブリッド技術による無機系超耐候性樹脂。これは、無機の成分をナノレベル(分子レベル)で複合化する無機ハイブリッド技術により、強靭な塗膜、剛性と柔軟性を併せ持つため塗り替えに最適です。ラジカルコントロール技術も優れていて、発生するラジカルを独自の高緻密無機シールド層と高緻密有機シールド層のダブルで抑え込みます。超低汚染性。親水性、低帯電性、高い架橋密度という性能で汚れから守ります。もちろん、防カビ、防藻性。(材料が値上がりしてきていますので検討するならお早めに) スペシャル塗料はハウスメイク牛久で取り扱いできるプレマテックス製MUGAです。MUGA(ムガ)は弱溶剤2液多重ラジカル制御形無機塗料、水性1液多重ラジカル制御形無機塗料の2種類となっています。ハイグレードな無機素材、多重ラジカル制御技術により長くきれいに住宅を守ります。劣化因子のラジカルを「5つのステージコントロール技術」で抑制。多重ラジカル制御形酸化チタン(多重構造白顔料)を採用しています。これはアルミニウム、ジルコニウム、ケイ素、有機物で処理されており、自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されています。期待耐用年数は15~18年となっています。屋根・付帯部にも塗装できます。安定した性能で自信を持ってお勧めできる無機塗料です。   MUGAプラスINTEGRALCOAT  無機塗料のムガと4工程目のオーバーコート塗料インテグラルコートで安心の15年保証。期待耐久年数は20年超! 工程数が4回となり材料もかかりますがインテグラルコートを最後に塗布することで確実に耐久性がアップします。なんと言っても車の塗装技術を応用した住宅史上、もっとも完璧な塗装工法。多重ラジカル制御製品との併用でラジカルを完全に抑制。UVAの入った無機塗膜が効果的に紫外線を遮断。酸化チタンは配合していないためここでもラジカルは発生しません。 こだわるならば徹底的に。キレイに保ちたいならば丁寧にオーバーコートで保護。ハウスメイク牛久では常に最新の技術をお客様に提供しています。自信があるからお勧めできる「超お得な超耐久性塗装工事」高質な塗料で塗装をすることが住宅を長持ちさせる秘訣なのです。勧めるには意味がある。SAIZOも現場に出て見て、触って感じたままをブログで紹介しています。御相談、質問などは弊社までお問合せ下さい。   工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら      

続きはこちら

2022年4月4日 更新!
【朗報】春の塗装キャンペーン開催中!
こんにちはハウスメイク牛久のWEB担当 SAIZOです。 ハウスメイク牛久では春の塗装キャンペーンを実施中! 本格的な塗装シーズンが来る前に事前予約をしていただくことで特別なプレゼントをお渡ししています! 【4月〜5月お見積り特典】 お楽しみ袋1000円分プレゼント!! たくさんの日用品を盛り込んでおります。大変喜ばれております。 【4月ご成約特典】 商品券最大3万円分プレゼント!! 工事費用50万円~100万円未満で5000円分、100万円~150万円未満で10000円分、150万円~200万円で15000円ぶん、200万円~300万円未満で20000円分、300万円以上で30000円分の商品券を工事完了、御入金後にお手渡ししております。 【5月ご成約特典】 カタログギフト最大3万円分プレゼント!! 「塗装をしたいけど、いつにしようかしら?」とお考えの方、“今”がオトクです! ぜひ牛久ショールームにご来店くださいませ!   SAIZOからのコメントとしては工事金額の出血大サービスはもちろん、その他の工事についてもできるだけのサービス価格にて提供するよう努めております。 外壁塗装で土浦市で1番、認知度、施工棟数、信用度もすべて1番を獲得するために検討していただけるのであれば最善を尽くします。工事に入って引き渡しをして完工するまで一貫した責任施工を行っております。詳しい内容について、疑問な事などございましたらお気軽に店舗へお越しくださいませ。お電話1本いただけましたら塗装に詳しい担当者を待機させますので宜しくお願いいたします。 なお、新商品のプレマテックス ウルトラSi(ウルトラシリコン)を絶賛販売中となっております。シリコン最強のナノシリコンを採用したラジカル制御形塗料となっております。その他ラジカル制御形無機塗料での施工も人気の工事となっております。まだなんとか梅雨前施工が可能となっております。4月後半になりますと5月は予約施工で塞がってきます。お早めにどうぞ。   また雨漏りなどが心配なお客様は台風シーズン前に点検しておくことをお勧めいたします。早めのメンテナンスで安心してお住みになれるようできる限りの協力(無料点検)をいたします。最近では地震なども多くなっっており、瓦の葺き替え(ガルバニウム鋼板屋根材)相談なども数多く受けております。屋根の葺き替えは金額的にもボリュームがあるので早めに予算を立てておくためにも弊社の無料現場調査、無料点検、無料見積もりを利用してみてはどうでしょうか。お待ちしております。弊社ほぼ週休2日制となっておりますので、御連絡の際はホームページにて休日を確認の上、お電話下さい。メールにての見積依頼でも大丈夫です。4月度の店舗休館日は11(月),14(木),18(月),21(木)、25(月),26日(火)となっております。 お問い合わせはこちら     工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

続きはこちら

2022年4月1日 更新!
屋外看板広告も掲載中! 外壁塗装専門店 ハウスメイク牛久
土浦市の皆様こんにちは。外壁・屋根塗装専門店のハウスメイク牛久  土浦店でございます。 今年に入り、外壁塗装専門店としての認知度が高まってきたと実感しています。自然来店者数が増えました。3年目に入り、「あそこから見えるところに外壁塗装専門店があったよね」と気付いていただけるようになってほっとしております。水戸街道6号バイパスの中村陸橋から見えると思います。看板も規制が厳しくなってきましたので、町の景観を整えるといことで道路沿いの鉄看板は徐々にへってしまうと思われます。弊社では電飾看板を要所に立てております。 土浦市では中貫の交差点に電飾看板があります。何社もCMが画面に出てきますが、その中にハウスメイク牛久のCM画面が流れます。タイミングよく見た方がおられましたら、来店時に「電飾看板みた」と言って下さい。その他市役所や郵便局などにも同様も宣伝をさせていただいております。弊社では「何を見てハウスメイク牛久をお知りになったのか」ということをデーター取りしています。新聞折り込み、ポスティング、ホームページ、看板、現場を見て、紹介などが営業戦略なので分析は大事な仕事なのです。昔のように訪問しての営業とポスティングしかできなかった時代は終わりました。効率よく集客すること、土浦市という地域にしっかりとした基盤をを作ることを目指しています。   新築から10年経過する頃になると、ハウスメーカーから10年点検のお知らせが届きます。10年という基準はけして節目というだけでなく、外壁や屋根の塗膜劣化の時期なのです。新築時の塗装はモルタルの場合はハウスメーカーが指定した塗料で塗装がしてあります。新築時の塗装は柄を付けること、色を付けることが主な目的である為、高耐候、高耐久の塗料をつかっていることはほとんどありません。ハウスメーカーではお客様に対し、契約当初の10年の保証期間が終了するため10年点検と称して通知をおこなっています。ユーザーに対して今後のお住まいのメンテナンスについて考える機会をつくっています。そして保証が切れるので、工事を行うことで保証延長ができるという事を言ってきます。 保証を延長するためにハウスメーカーのメンテナンス工事を受けるのか、それとも別の選択肢を選ぶのか。 今後のお住まいのメンテナンス計画を左右しかねない非常に重要な「決断」のときです。 今回はお住まいの初めての外壁塗装を、ハウスメーカーと地元の塗装業者それぞれに依頼した場合のメリット・デメリットについて、そして第3の選択肢である、塗料メーカーが行うメーカー責任施工について解説します。 ハウスメーカーで工事をするメリット 安心感と保証延長。家を建てたメーカーですので、外壁材の特性を理解できていて安心できる点といえます。また、外壁や屋根だけでなく水回りや住宅設備など、総合的に適切な補修が受けやすいこともハウスメーカーの強みでしょう。 ハウスメーカーで工事するデメリット ハウスメーカーとはいえマニュアル化され、新築現場で行う工事以外のことに知識や経験が不足しています。劣化したものをどのように提案し修復するかということに不慣れでありきたり工事になってしまうことが多いのも事実です。そして工事価格が一般リフォーム会社より群を抜いて高くなってしまいます。多くの社員を養っていくために仕方のないこととはいえ、仮設足場が一般の2倍の額で計上してあるのはうなずけません。もう少し考えて積算してほしいです。 地元塗装専門店で行うメリット ハウスメーカーは使用する塗料に縛りがあることが多く自由度が低いのに対し、地元の塗装業者はその地域の気候や風土に合う塗装方法や塗料を熟知しているため、その知識や経験から、施主の希望やお住まいに合った塗料や施工の提案が可能です。例えば、次回の外壁塗装時期を遅くするために、より耐候性の高い塗料を選んだり、遮熱塗装や光触媒塗装のような機能性を付加したりと、ハウスメーカーにはない自由度の高さがあります。 ハウスメーカーと比べて費用が安く済むケースが多い地元の塗装業者ですが、依頼するためには自分で塗装業者を探さなくてはいけません。 そのためには、事前の情報収集から現場調査、見積もりの依頼、業者の対応や見積書の内容、施工実績やその他さまざまな面から判断し、手間と時間をかけて信頼できる塗装業者かどうかを見極める必要があります。これらをできれば複数の会社に依頼し比較検討することをおすすめします。業者のホームページの施工事例などをよく見てみると良いと思います。 第三の選択肢 塗料メーカーが行う責任施工 ここまで述べてきたように、ハウスメーカーにも地元の塗装業者にもそれぞれにメリット・デメリットがありますが、ここで新たな選択肢として注目されているのが、外壁塗装工事の新しい施工スタイルである塗料メーカーによる「メーカー責任施工」です。塗装仕様や使用缶数は塗料メーカー側がしっかり管理し、そのメーカーの指導や研修を受けた塗装業者が適正な費用と工事を提供する、施主にとって満足度の高い仕組みといえます。 プレマスタイルの「メーカー責任施工」とは ・塗料メーカー(弊社)が、塗装工事を行う建物の屋根材や外壁材に適した下塗り材の選定を行うとともに、使用する塗料の使用量を責任を持って管理します。 ・豊富な施工実績のある信頼のおける全国のプレマスタイル加盟店と双方で責任を共有し、お客様に本当に安心のできる、最適な仕様の提案と施工を行います。 なぜ「メーカー責任施工」なのか お住まいの状態、使われている建材、建築方法など、ひとつとして同じ家はありません。 そして、お施主様のご要望もさまざまです。塗装工事において、最適な塗料を選択し適正な使用量で施工することは、非常に重要なことであると共に、本来守らなくてはならない“最低限の要素”であるとも言えます。メーカー責任施工の柱に、この最低限の要素を掲げる理由をご説明します。 塗装工事にトラブルが多い理由 一般的に、塗料メーカーは製造した塗料を、塗料販売店(卸問屋)を介して塗装業者に販売しています。 販売店経由の販売では、塗料についての知識や塗装の技量に関係なくすべての塗装業者が塗料を仕入れることができ、簡単に塗装工事を行うことができます。 そしてまた、実際の施工に必要な塗料の使用量をきちんと塗装業者が仕入れているかどうかは、施主にももちろん、メーカーにも判断できません。 そのため以下のような問題が生じる可能性があります。 知識・経験の少ない塗装業者の場合、施工仕様の判断がつかない(適切な塗料の選択ができない)。 技量が乏しい塗装業者が施工を行うことにより、塗料本来の性能を十分に発揮できない可能性。 できる限り利益を出そうと最低限の量で塗料を仕入れ、足りないときは塗料を薄めてのばしたり、塗装回数を減らすなどの手抜き施工が行われる可能性。 過去の現場で残った使用期限が過ぎた塗料の使い回しや混用の可能性。 このような施工に対し、メーカーも塗料販売店も責任を持つことはありません。   工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら      

続きはこちら

2022年3月21日 更新!
平素の感謝の意を現場でお返しいたします。ハウスメイク牛久
ハウスメイク牛久土浦店WEBに情熱を注ぐSAITOでございます。 3回目の予防接種も終わり一安心したいですが、どーして毎日感染者が減らずに1500人前後となっているのでしょうか茨城県は。 外回りが仕事なので、コンビニも利用しますし家に帰ればスーパーに買い出しもします。細心の注意をしています。手洗い当たり前、うがいも行う。素手で食べ物を食べない。家でもマスクをする。などなど。お客様に迷惑の掛からないように全員が気を付けて行動しています。早く安心して暮らせるときが来ればと願っております。 3月19日(土) 3軒の御契約ありがとうございました。牛久市で2軒、つくば市で1軒でした。 3月20日(日) 3件の御契約ありがとうございました。牛久市で1軒、つくば市で1軒、つくばみらい市で1軒でございます。最近はWEBからの問合せも増え、35%はWEBからの集客・御契約という結果がでています。 御成約いただきましてありがとうございました。工事完了後に御成約内容とお問合せ頂いた時期によって内容が多少違ってきますが、御成約特典を差し上げております。   御成約の皆様は相見積もりをお取りになった上で、弊社を御指名頂けたことに感謝いたしております。けして弊社が一番安かったわけではありません。金額が何社も横並びになったときに、最終的な判断の理由が「会社の実績と信頼性」「営業マンの経験と情熱」ということみたいです。私は営業畑38年のベテラン選手でした。現在はWEB・ドローン操縦士専属になりましたが、営業時代にもっともお客様に訴えていたことは「会社の信頼性や実績」のことでした。そして自己アピールと自己紹介はきちんとおこなっていました。人間性に欠けた営業はしておりませんでしたので。今も我が社の現役選手たちはポイントをしっかりと押さえ、お客様のハートをしっかりとつかんでいるようです。 明日も5軒の商談予定が入っております。 宜しくお願いいたします。 1989年創業、地域密着型 有店舗外壁・屋根塗装専門店 ハウスメイク牛久 塗装工事では茨城県では、土浦市でも名実ともに一番の会社でございます。   工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

続きはこちら

2022年3月16日 更新!
土浦市 ハウスメイク牛久からのお知らせブログ
おはようございます。土浦市永国にあります外壁・屋根塗装専門店のハウスメイク牛久 土浦店の斉藤でございます。 世の中が非常に厳しい時代となっており、物資が足りないのか流通が悪いのか先行きが若干不透明でございます。 私事ではございますが新車を1月4日の「初売り」に便乗し契約しました。契約当初の入荷が4月下旬という事でしたが最短で9月などと言われショックがかくせません。 弊社でも塗装工事と一緒にトイレの交換なども依頼されることが多いのですが、トイレの商材が入荷待ちという状態で平均3か月待ちとなっています。塗装店としての一番の問題は塗料の値上がりです。昨年8月、9月で1割程価格改定で値上がりしました。ここにきてまた2022年春に大手塗料メーカーである関西ペイント、SK化研工業、水谷ペイントの値上がりの通知がきています。石油製品関連の輸入がらみの問題で原料の入荷が難しい状況になってきています。 屋根葺き替え商材、ニチハ横段ルーフ、アイジー工業のスーパーガルテクトのフッ素コーティングのシリーズは生産中止となっています。問屋に在庫有る限りとなっています。確認の上積算いたします。カバー工法でのガルバニウム鋼板でデクラ屋根(セネター、コロナ、ミラノの3種)の方は問題ありません。後のメンテナンスを考えれば天然石ストーンチップで仕上げているので極端な色引けもないので安心です。(10年の美観保証、30年の材料品質保証)工事費は㎡12000円~15000円(仮設足場別・屋根形状、勾配によって差は生じます)となっています。   お知らせ1:点検報告 高意匠性サイディングボードクリヤー塗装 先ほど1年半前に工事させていただいたクリヤー塗料を使った外壁塗装現場に点検に行きました。初塗りであったのですが15年経過していたので多少の色あせが生じていました。他社の見積りはクリアー塗装はできないので単色での塗りつぶしという内容でした。私は外壁に水をかけた時の雰囲気の色合いで納まります。クリヤー塗装ができますという提案で施主様に工事をいただきました。結果十分なくらいの色艶に出来上がり満足していただけました。日本ペイントのUVプロテクト4Fクリヤーを選んで正解でした。本日点検時の画像でもボードの防水がしっかりとできていて、光沢感も落ちずいい感じの経過でした。提案した私もこれならばと自信を深めました。     お知らせ2:只今土浦店では来店したお客様でお見積もり御依頼をいただけたお客様にささやかなプレゼントをしております。「お楽しみ袋、日用品盛りだくさん」となっています。 ネタばれ画像紹介 是非この機会にゲットして下さい。(牛久店でも同様に行っています) 御成約特典もございます。御契約金額に応じて商品券を差し上げております。   お知らせ3:土浦店推奨 基本無機塗料3工程+保護コートの合計4工程仕上げが長持ちの秘訣 皆さんご存知ですか? 競争の激しい塗装業界、弊社ではより耐久性の長い仕様で提案しています。3工程は当たり前の工事です。もちろん3工程にもこだわりがあって今流行りの「ラジカル制御形」? 弊社では「多重ラジカル制御形」を使っています。紫外線にめっぽう強い塗料です。しかも無機塗料を使います。もしくは無機有機のハイブリッド塗料をお勧めします。これだけでも他社を圧倒的に差別化できるのですが、その上を行きます。「ウルトラTOP」、「インテグラルコート」というラジカルを発生させないオーバーコート材(保護塗装)を塗り仕上げます。合計4工程で仕上げていきます。基本3工程の耐久年数目安が15~20年、プラス7~10年の保護材で仕上げますから超耐久性能となります。お値段は相談に応じ精一杯の工事費で算出します。   土浦市で外壁塗装・屋根塗装をお考えでしたらまずはハウスメイク牛久土浦店を御指名下さい。   工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら      

続きはこちら

2022年3月12日 更新!
御来店 御礼申し上げます。連日盛況しております。ハウスメイク牛久
こんにちは、ハウスメイク牛久 土浦店です。 日中の最高気温は20℃と大変あたたかな日となりました。皆様が待ち望んでいたかのように連日御相談に来られます。工事を依頼するならば、やはり安心できる会社で納得のいく内容と工事費であってほしいと願っていることでしょう。本日もお昼を過ぎた頃には、御成約頂けたお客様が3軒となりました。皆さんハウスメイク牛久を一押しで御指名いただけたようです。本当にありがとうございました。競合会社である牛久の暖喜さんやハウジング重兵衛さんは水回りリフォームのイベントなどを行っていました。弊社は外壁・屋根塗装専門店ですので大きなイベントなどは開催いたしておりません。その分、精一杯の価格で提供しております。質感を損なわず安心価格で勝負しています。 ハウスメイク牛久は「無機塗料」、「多重ラジカル制御形塗料」に特化した外壁・屋根塗装専門店となっています。メイン取扱っている塗料に特徴があります。特徴というよりは高耐候、高耐久にこだわっているということです。ハウスメイク牛久では御予算に応じて最善のプランを数種類算出しています。相談時に相見積もり業者があっても構わないので、正直に話して頂いた方がありがたいです。     本日受注いただいた工事の紹介 「2液弱溶剤多重ラジカル制御形弾性無機塗料 グラステージフレックスカラー」&「ノンラジカル・コーティング インテグラルコート」合計4工程の仕上げ塗装となります。期待耐久年数25年、塗膜保証17年です。 見本の仕上がり感はこんな感じです。写真では光沢感がうまく表現できませんでした。(残念!) 土浦店では屋根の商材なども数多く展示しています。     工場・倉庫の塗装提案 お問い合わせはこちら↓↓↓ 無料見積り・無料診断の依頼はこちら 土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら 土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、 土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください! 土浦市の施工事例はこちら 土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中! お得な塗装メニューはこちら 塗装の適正相場、どんな塗料があるのかをご紹介! 職人・スタッフ紹介はこちら 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

続きはこちら

2022年2月20日 更新!
窯業系サイディングボード  土浦市塗装専門店 ハウスメイク牛久
ハウスメイク牛久土浦店 SAIZO(ペンネーム的なものです)です。本日も土浦市の塗装相談をはじめ、石岡市、かすみがうら市、阿見町、つくば市、牛久市、つくばみらい市にわたる広範囲を営業さんは走り回っています。昨日もお問合せ3件ありがとうございました。(土浦市で塗装工事、つくば市、龍ヶ崎市)本日は雨ふりで日曜日なので職人さんはお休みです。普段は寒い中、全力で工事にあたってくれています。素敵なお客さまと、良い職人に囲まれハウスメイク牛久は幸わせでございます。   窯業系サイディングボード 昨今は、新築時の外壁仕上げが、モルタル仕上げより窯業系サイディングボードにかたよってきました。左官職人も激減しました。窯業系サイディングボードも質感がかなり上がってきています。窯業系サイディングとはセメントと繊維質原料、砂や砂利の代わりになる混和材を入れ製造されています。繊維質原料で変形に対する強度を持たせ、混和剤を配合することで軽量化を図っているようです。 窯業系サイディングは日本産業規格(JIS A5422 2019)に規定されています。セメント質原料、繊維質原料、および混和剤からなる混合原料を成形、養生硬化し、防火性能に優れ、強くてしなやかな板状の外壁材です。種類として厚さ14㎜~26㎜  長さ3030㎜、1820㎜が主流  幅450㎜、910㎜、1000㎜が主流  表面塗装はアクリル系、シリコン系、フッ素系、無機系、現場塗装品などがあります。製造メーカーはニチハ・KMEWで9割のシェア―となっています。耐候性の良い製品に力をいれておりますので、ボードの表面の仕上がり、状態によっては再塗装の際に注意が必要です。(塗着性の問題) 外壁塗装の相談時に、建築図面にメーカーや製品名の記載がありますので伝えていただけると助かります。仕上げがフッ素系樹脂、無機系樹脂、難付着性ボードの場合など、下地材に密着性の高いものを使わないと塗膜剥離に繋がってしまうことがあります。 下記写真は窯業系サイディングの張り方の違い。木胴縁による施工が比較的多いです。胴縁の間隔が正確でないと胴縁のないところに釘打ちしてしまう。そのことで先々釘が効かず反ってしまう要因になる。金物工法であれば表面に釘痕など見えないという利点がある。また、金物がサイディングの重さに耐えられず下がってきてしまうなどの弊害もあるようです。近年の高意匠性のサイディング施工においては、金物工法が増えてきました。コーナーも専用部材を使うことが多いです。 現在でも釘打ち工法で行われているケースは多いです。写真を見ていただいておわかりのように、竪の木胴縁はきれいに直線でせこうされています。現場で確認すると釘の打ち方があまりにも適当で胴縁に止めが聞いていないケースが間々見られます。釘頭がくりぬけてしまって雨水が侵入してしまっているケースもあります。 金物を固定して引っかけて施工するタイプは見た目も良くすっきりしています。欠点は振動などで金物が動いてしまいボードが外れてしまうことがあります。施工費としては金物止めのほうがコストアップとなります。 ・最近現場でよく見かける高意匠性サイディング 高意匠性タイプが主流になってきています。塗装時はクリヤー塗装、又はWトーン工法塗装をおすすめしています。 ・窯業系サイディングの進化  塗装の変色・褐色にたいして30年保証の製品もあります。継ぎ目が目立たないシーリングレス タイル柄など意匠性も抜群に上がってきています。現場塗装品が多かった頃は、色あせも激しく、雨が降ると雨水がしみ込んでいる様子がよく見られました。最近では、表面を保護するために定期的に塗装を施すことで、いつまでも綺麗でいられることもあって窯業系サイディングは新築の主流になっています。  ここでニチハの動画紹介します。シーリング [embed]http://www.youtube.com/watch?v=AL6ObeiaeL0[/embed]   窯業系サイディングボードの劣化 釘を起点にしてボードに亀裂がはしっている状態。塗膜だけでは補修ならない。コーキングをすりこむか、樹脂モルタルをすりこみ隙間を埋めて下地を整えて塗装。釘の廻りに隙間を生じることで水が浸入する。コーキング部部が毛細管状にひび割れし、バックアップ材が見えている状態。コーキングの打ち替え必要。塗膜が紫外線により粉上になり(チョーキング)雨が降るたびに流され、色が抜けてしまった状態。塗装工事の目的は、こういった状況を修繕対処することが大事である。塗装の目的「美観の維持と防水」。ただ塗るだけでは美観も維持できないし、防水(水の侵入口塞ぎ、塗膜で水を弾かせる)強化もできない。     サイディングボードの塗り替え  今日は塗替えの一案として2社の塗料を紹介します。 ・エスケー化研株式会社  ・エスケープレミアムシリコン 超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料  ・エスケープレミアムNADシリコン 超耐候形一液NAD特殊シリコン樹脂塗料   エスケープレミアムシリコン 1.メンテナンスコストがお得 トリプルガード効果により、紫外線(UV)や水等の劣化要因から建物を保護します。また、その塗膜は長持ちするため、メンテナンスサイクルの長期化に貢献し、塗り替え回数の軽減に寄与します。  従来の盆汎用塗料は紫外線、酸素、水などの影響で塗膜の中に劣化因子(ラジカル)が発生し、結合剤として使用される樹脂の結合が破戒され、塗膜劣化の原因となっています。その劣化因子を発生、増加させる原因の一つが顔料として一般的に使用される無機酸化物です。この無機酸化物は通常表面処理を施されており、ラジカルの発生を抑制していますが、エスケープレミアムシリコンではその表面を①高気密無機シールド層と②高気密有機シールド層でダブルガードすることにより、その発生をさらに抑制します。また、③超耐候形特殊ハイブリッドシリコン樹脂は劣化因子を補足し、塗膜の劣化の進行を抑制。長期的な保護効果を示し、塗膜の耐候性を向上させます。この3つのトリプルガード効果により住まいを長期に亘り守ります。 2.汚れに強い塗料 ◎低汚染・防カビ・防藻性 緻密なハイブリッドシリコン樹脂の架橋塗膜は汚れを定着しにくくします。また特殊設計により、長期に亘ってカビなどの微生物汚染を防ぎます。 3.つやつやした仕上がり 超微粒エマルションからなる滑らかな塗膜は従来の水性塗料と比べ、艶が高く抜群の仕上がり性を提供します。特に、戸建てサイディングの塗り替えでは、「水性SDサーフエポプレミアム/マイルドSDサーフエポプレミアム」を下塗として使用。相乗効果により、優れた仕上がりを発揮します。また、艶を抑えた仕上がりには、エスケープレミアムシリコン半艶、3分艶、艶消しをお選びになるとよいです。 上記記載に有効な下り塗材  水性SDサーフエポプレミアム:水性SDサーフエポプレミアムは、独自のコア・シェル技術により合成した水性反応硬化形特殊エポキシ樹脂を用いることで、強靭な塗膜と旧塗膜への付着性を高めた一液水性の微弾性サーフェーサーです。シーラーを用いた工法に比べ、抜群の隠ペイ性、かぶり性があり、サイディングの吸い込みむらを防止し、美しい仕上げを提供します。 マイルドSDサーフエポプレミアム: マイルドSDサーフエポプレミアムは特殊変成エポキシ樹脂をベースとした一液弱溶剤形の微弾性サーフェーサーです。より劣化が進んだサイディング板等に対し、可溶型ポリマーが浸透し、硬化することで優れた補強効果を発揮します。   ・株式会社プレマテックス ・KEICERAⅡ(ケイセラⅡ)2液弱溶剤形無機変性樹脂塗料    太古より私たち人類の進化に不可欠だった「ケイ素」。無機世界を率いる「ケイ素」有機世界を率いる「炭素」自然界で互いが結合した化合物は存在しない。無機と有機の理想的なバランス。無機と有機の配合率を追求 これまで培ってきた無機塗料の開発技術を活かし、無機成分と有機成分の配合率を追求しました。理想的な無機成分の配合率とバランスのとれた無機と有機のハイブリッド技術により、フッ素樹脂にも劣らない超耐候性次世代型無機塗料の開発に成功しました。それがKEICERAⅡ(ケイセラⅡ)です。   1.超耐候性  ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする合成樹脂を採用し超耐候性を実現。耐久年数目安15~18年 2.超低汚染性  高レベルの親水性制御技術により外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とす。いつまでもキレイ 3.速乾性  乾燥が早くスムーズに施工が行えることにより工事へのお客様負担が軽減。 4.高付着性  特殊技術による高い塗着率と隠ペイ性で驚くほどの美しい仕上がり。下塗り材にシリコン浸透シーラーEX使用。 5.防藻・防カビ性  美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生をシャットアウト。 6.弾性  KⅡ弾性を使用することで割れやすいシーリング上部にも施工可。   土浦市最大級!ショールームオープン! ショールーム紹介はこちら

続きはこちら

2022年2月19日 更新!
外壁塗装専門店の激戦区 土浦市  ハウスメイク牛久
こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店WEB担当のSAIZOです。 あと10日で3月。車を走らせれば住宅街では足場があちらこちらに建っています。 各社の宣伝文句が入った足場幕が目立ちます。土浦市は塗装業者も多く激戦が繰り広げられています。 皆様、土浦市には4社の塗装実力会社がしのぎを削っております。1社は撤退しました。 株式会社 霞美装 土浦市神立 株式会社 奥広 土浦市荒川沖東 有限会社 藤井塗装工業 土浦市中高津 株式会社 ハウスメイク牛久土浦店 土浦市永国 株式会社 ウォースペイント 土浦市大岩田 撤退!(訪問販売業者) 市外からの参入ではひたち野牛久の株式会社ハウジング重兵衛、牛久市中央の株式会社 暖喜(この2社は水回りリフォームが半数を占める総合リフォーム会社) ハウスメイク牛久土浦店、大歓迎!相見積もりしていただいて結構です!(違いが分かれば判断しやすいです)   ハウスメイク牛久は自信があるのかい?競合他社を列記して! いいんです。良い意味で競合することはお互いの成長のためになりますから。 それぞれ提案してくる塗料は違ってきますが、アステックペイント、プレマテックス、ガイソーオリジナル(暖喜さん)、日本ペイント、水谷ペイント、SK化研工業の質感の高い塗料を推してきます。シリコン樹脂以上、ラジカル制御形塗料以上というのが普通です。㎡単価(3回塗り手間含む)で2500円~6000円前後と幅があります。実際の塗料原価でも倍以上の価格差の塗料も多く存在します。 2500円(3回塗り)でも120㎡で300,000円です。足場・洗浄・養生・部分塗装を加味すれば現場調査後に確定する工事費合計は60万円前後~120万円前後になるのが一般的価格帯です。安すぎるのは無理が生じ「手抜き」になり、高すぎるのは無駄が生じ「損をします」。 競合他社もだいたいは上記記載相場額の中で見積りをしています。職人の力は見抜くことは難しいです。内容も金額も横並びになったときには、担当した営業さんとの相性が影響するようです。「この人なら安心して任せられる」と思えた会社に依頼することが多いようです。   塗り替えの基本 チェックポイントはここだ! 塗装工事 信用性信頼性   ハウスメイク牛久では他社と違い、一般に市販されていない性能・品質の高い塗料を使っています。 相見積もりや広告などを検証しますと、ホームセンター系のリフォーム部では水性1液塗料シリコンセラミックタイプが主になっているようです。 リフォーム会社系の外装部ではOEM商品塗材や1液タイプのラジカル制御形塗材が主です。 保証年数についても(塗膜保証・塗膜剥離)5~10年となっていますね。   GLASTAGE  グラステージシリーズ(FLEX  COLOR EXTRA  COLOR CRYSTAL  COAT ECO  ROOF) ・プレマテックス製グラステージシリーズが現在実力・人気NO.1塗料です。 ・2液弱溶剤多重ラジカル制御形無機塗料シリーズとなっています。 ・フレックスカラーは弾性力を保持しており、クリスタルコートはクリヤー塗料、エコルーフは屋根用無機塗料となっています。 ・メーカー塗膜剥離の保証年数は12年となっています。(プレマテックス社) ・超耐候性 先進の多重ラジカル制御技術とガラスと同じ分子結合を持つ合成樹脂から設計された塗膜は、紫外線に強く建物を長期に渡り守り続けます。 ・超低汚染性 ガラス表面にも存在するシラノール基で形成された塗膜表層は、付着した汚染物質を雨水が流し落とし、長期に渡り建物を美しく保ちます。 ・高付着性 強力な結合エネルギーを持つ合成樹脂は、強固な塗膜形成と下地への付着力を発揮し、幅広い用途でご使用いただけます。 ・高光沢性 下地への転写性(塗着性)が高く、また表面張力をコントロールすることで優れたレベリング性を発揮し、なめらかで光沢のある美しい仕上がりを実現。 ・難燃性 ガラスと同じ分子結合を持つ合成樹脂は熱に強いため、万が一の火災時にも燃焼しにくい特性を持っています。 ・防藻・防カビ性 建物の美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生を抑え、長期に渡り建物を美しく保ちます。 ※下地に塗る塗料については現況の状況や素材により変わりますが、窯業系サイディングの場合は2液弱溶剤のシリコン浸透シーラーEXを使用します。モルタル系の場合はコットンフィーラーを使うこともあります。上塗り材の性能をしっかりと引き出すのも下塗り材次第とも言えます。 ※既存壁の色によっては着色しにくい場合(黒っぽい壁を白にするなど)がありますので、事前相談してください。 屋根調査・ドローン ・屋根調査の際に思いもよらぬ事故があります。 ・梯子での作業で梯子の固定が不十分であったり、突風であおられてしまったりして落下という悲惨な事故です。 ・施主様に迷惑がかかるだけでなく我々にもデメリットしか残らないです。 ・どうしても屋根に直接に登らなければならないときは複数の人数で、十分な安全を確保した上でが大原則です。そうなりますと本音の部分では有料化の調査にしたくなります。 ・ドローンでの調査は一部地域では出来かねます。(自衛隊基地付近、線路沿いなど) ・作業時間は30分程度です。(飛行時間が20分~25分が限界) ・予約制です。ドローンパイロットが不在時にはできません。(またはほか現場と重複している場合) ・ドローンによる現場調査は無料です。 ※2021年になり地震がおおくなったせいか屋根調査の依頼がかなり増えてきています。「もしも、直下型の大きな地震がきたら」「屋根の瓦の老朽化や重量が重いので気になる」などの理由から、古い重たい瓦を下ろして軽量化したいという内容が大半です。上が重たいということは建物が左右に大きくゆすぶられます。屋根の重さでつぶされるという危険があります。そんなストレスを抱えていらっしゃるようでしたら当社まで御相談ください。 ※瓦の葺き替えには同じタイプの瓦は避け、和形、洋型ともにガルバニウム鋼板製の金属瓦をお勧めします。 ・屋根調査の結果が下記写真のような場合は ・塗装不可です。屋根の圧縮されたセメント板がはがれてくる現象です。ノンアスベストのカラーベストで、一定の時期に製造されたものですが、洗浄を施すだけでも形が崩れ塗装でのメンテナンスは不可です。業者によっては無理やり塗り替えを行っていますので注意してください。葺き替えるしかメンテナンスできません。(カバー工法葺き替えは可能) ・カバー工法の場合、屋根材の素材はガルバニウム鋼板(さびにくい)が良いでしょう。形状、基本性能などそれぞれですが、断熱材(発砲ウレタン系)がサンドしてあるタイプとサンドしてないタイプがありますのでよく調べましょう。 ・手間から考えますと費用的な違いはあまりないことが多いです。施工店側は当然材料ロスをだしたくないので一押し屋根材をすすめます。ハウスメイク牛久では「横段ルーフシリーズ」です。御要望によって他商材も用意できます。 ・美観もグーンと良くなりますし、断熱効果も、耐震効果、防水効果もあがりますのでカバー工法によるガルバニウム鋼板屋根材リフォームは、今後ますます増えてくると思っております。板金工事店に絶大な力を持つ当店を御指名ください。 ハウスメイク牛久では塗装工事を中心に様々な住宅相談に対応しながら、外壁・屋根塗装工事1番店として輝けるように努力しております。塗料メーカーとのタイアップにより高性能な無機塗料での工事に特化しております。一般塗料でも工事はお受けしますが保証年数は外壁7年、屋根で3~5年となってしまいます。当社推奨メーカーのプレマテックス製の塗料であれば外壁塗料で10~17年、屋根塗料で8~12年の塗膜保証が付きます。仕上がりも手前みそではありますがかなりキレイです。足場に宣伝用の足場膜をさげておりますので、御近隣にて見かけるようでしたらお気軽に担当者までお声かけください。 現在現場拡張のため、御依頼相談に対して目いっぱいのご配慮もいたしております。心よりお待ちしております。

続きはこちら