塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗装の適正価格 知ってて損なし 来店相談・勉強会お待ちしてます。

塗装工事全般 2022.10.19 (Wed) 更新

こんにちは、ハウスメイク牛久 土浦支店WEB担当のSAIZOです。

ハウスメイクでは戸建住宅の他、工場や倉庫などの外壁塗装・屋根塗装・防水工事なども手掛けております。

現在牛久市牛久町に工場の塗装工事が始まりました。土浦支店では石岡市やかすみがうら市などの工場・倉庫の塗装工事を募集しています。

工場・倉庫・マンション・などの大型物件の御案内サイトはこちら

 

弊社では常日頃から地域の皆様に安心して利用してもらえるように、「市民講座・塗装勉強会(無料)」などを開催し施主様にも予備知識を持っていただけるよう努力しています。完全予約制のため、電話または専用フォームから御予約下さい。

 

 

【外壁塗装の適正価格とは】塗料の設計価格と見積価格は何が違う?

【外壁塗装の適正価格とは】塗料の設計価格と見積価格は何が違う?

お住まいの塗り替えを経験されたことがある方や、塗り替えを検討中の方でしたら、住宅塗装の折り込みチラシや外壁塗装業者のホームページなどで、「外壁塗装◯◯万円〜!」「屋根塗装◯◯万円〜!」などの広告をご覧になられたことがあるかと思います。(弊社でもそのように広告はしております。)

実際には、お住まいの塗り替えにかかる費用は、建物の劣化状態や使用する塗料、ベランダ、雨樋、雨戸などの付帯工事の内容など、一軒一軒違います。また坪数や㎡数が図面の数字上同じであっても、塗装面積においてはそれぞれ違ってきます。(下記画像参照)

提案者によっても積算内容は大きく変わる

塗装業者さんに実際にお見積りを取られた方でしたらご経験があるかもしれませんが、建物の劣化診断は現場調査した業者さんの判断に委ねられますので、補修方法やどこまで直すかなどで、お見積りの内容が広告で提示していた価格と異なるのは当然といえます。

モルタル外壁のクラック

VまたはU字カット補修:大き目のクラックはコーキング補修では不十分なことが多いものです。その時はサンダーという工具を使ってクラックに沿ってVまたはU字型にモルタルを彫り込みます。彫り込んだところに樹脂モルタルなどを埋め込み強固な補修を行います。手間がかかる分補修費用がプラスONされます。下記画像は補修の手順となっています。

★サンダーによるVまたはU字型のカットをします。

★樹脂モルタルなどで掘った部分を埋め込みます。

★エアーレスで柄を吹き付けします。(埋めた部分に柄がないため、同様の柄を付けます。)

★丸みをつけるため柄をヘッドカットします。

★補修後に下塗りを行います。このあと所定の回数を塗り上げ仕上げます。

 

窯業系サイディングのコーキングの打替え

サイディングボードの外壁ではボードの突きつけ部分にコーキングが施してあります。経年劣化によりコーキングに亀裂が入り隙間を生じてしまうようになります。雨水がそこから侵入し内部の躯体を痛めたり、ボードの腐食に繋がってしまうことになります。そのため症状が顕著であれば速やかに修繕しなければなりません。しかし高いところは足場が必要になるので、外壁の塗装時に行うことが経済的です。

 

★劣化状態画像

★劣化したコーキングを取り除きます

★プライマー(接着剤)を塗ります。2面接着

★コーキングを新規に注入します。(長持ちするコーキング材を選ぶようにしましょう。弊社推奨コーキング材はオート化学の「オートンイクシード」)

★注入したコーキングをへらなどで均し仕上げます。

 

単に「この塗料を使って塗る」という塗装工事の金額であればほぼ同じ程度の工事費用となるはずです。提案者が目利きよく修繕内容をきちんと見積書に盛り込んだ場合は内容も金額も変わってきます。

 

使用する塗料について

実は塗料メーカーが設定している価格基準があります。設計価格(材工設計価格、材工価格)と呼ばれており、建築では基本設計の試算に使われています。

※基本設計:建物の要望や意図を建主からヒアリングし、建築基準法等などの法律に準じた仕様書や基本設計図書を作り建物の概要を決めること。

今回は、「塗料の設計価格とは」「ご自分でできるご自宅の外壁塗装費用の目安の算出方法」そして、「外壁塗装の適正価格」について、塗料メーカーとして塗装業者とは異なる視点からご説明いたします。

設計価格とは

設計価格とは材料代(塗料代)に塗る手間代(人件費)を足した、標準的な施工を行った際の1㎡あたりの塗装にかかる参考工事金額のことです。

この価格があれば、あとは塗装面積さえ分かれば掛け算で塗装工事金額を算出できます。

各塗料メーカーは塗料の単価や仕様によって「設計価格」をホームページなどで公示しています。

設計価格はどのように算出されているのか

設計価格がどのように設定されているのかご説明します。

各塗料メーカーによって詳細な算出方法は異なりますが、最終的な設計価格としては各社とも金額の大きなズレはありません。

塗料の価格や作業性を考慮して「①塗料代」「②人件費」「③諸経費」を設定

①塗料代:塗料の上代価格/1缶で塗れる㎡数 ⇒ 1㎡当たりの塗料代が出ます。塗料によって塗れる㎡数は違ってきます。塗料代金も高額なものはノーマルなものの3~5倍の差がしょうじるものもあります。
②手間代(人件費):職人さんの日給/一人で1日に塗れる㎡数 ⇒ 1㎡当たりの手間代が出ます。
③諸経費:機械や工具の損料や運搬費、養生費、管理費などが含まれます。

この3つを足したものが1㎡当たりの材工設計価格となります。

しかし10㎡塗るのと1,000㎡塗るのでは経費や効率を考えると同じではありません。弊社も含め、多くのメーカーは設計価格を300㎡以上の面積を塗装する場合の価格としています。戸建住宅(100~150㎡程度)の場合は設計価格よりも少し割高で計算する必要があります。

③の諸経費についてはメーカー毎に計上項目が異なる場合がありますが、さほど金額に大きな影響はありません。

設計価格に含まれていない金額

このように、設計価格は塗料を塗る工事金額だけを算出したものになります。

しかし、実際の塗装工事では、工事に必要な仮設足場の設置や塗装前に行う高圧洗浄などの費用がかかります。

仮設足場〉
現在はくさび緊結式足場(ビケ足場)がほとんどであり、その実勢価格は800~1,200円/㎡くらいです。一般的な30坪~の2階建であれば、180,000円~となります。

高圧洗浄〉
350~500円/㎡として、150㎡の家で60,000円~程度です。

細かく言うとお施主様の水道を使わせていただきますので水道代も少しかかります。

【ご自分で計算できる】実際にかかる外壁塗装工事の金額は?弊社塗料で算出

それでは平均的な住宅を想定し、おおよそ30坪、塗装面積150㎡の外壁(窯業系サイディング)に、弊社のラジカル制御形無機塗料「ラジセラpro」(期待耐用年数約18年)を塗装した場合の塗装費用を計算してみましょう。

工程・工種仕 様金額例(税別)
仮設ビケ足場 外壁180,000円
水洗い高圧洗浄 150kgf/㎠以上60,000円
下塗りクオリティマルチサーフ 1,000円/㎡ ※2割増180,000円
中塗り、上塗りラジセラpro 2,900円/㎡ ※2割増522,000 円
合計942,000円

設計価格の基準は300㎡未満ですので、念のため2割増しで計算しました。
それでもこのくらいの金額で、耐用年数18年の外壁塗装工事ができる計算になります。

ですが冒頭にも述べましたように、それぞれの住宅状況によって補修や修繕が必要だったり、シーリングの打ち替えなどをしたりする場合は当然費用が別途かかります。

そのような付帯工事も積み上げていき、全体のボリュームや条件によって値引きを入れたものが最終的な見積り金額になります。

外壁塗装の適正価格とは

このように、設計価格を用いればご自分でも塗装工事単体の標準的な金額を算出することができます。

もしかしたら、いまお手元にある塗装業者の見積り金額と設計価格で算出した金額に大きな差がある場合があるかもしれません。

仮にそうであっても、その見積り金額が適正価格なのかどうか、というのを明確に判断するのは難しいところです。

価格には、その価格である理由がある

適正価格は、塗装業者の企業規模や経営体質、提供するサービス内容やフォロー体制などによって変わってきます。

ショールームを構え、たくさんの従業員と社用車を抱え、良い塗料を使い、施工後のアフターフォローもしてもらえる塗装業者もありますし、かと思えば塗り替えという作業を完了させるだけの塗装業者もいます。

その良し悪しは別問題として、前者と後者の見積り金額は大きく開いて当然です。

上質で長持ちし無償修理もできるハイブランド品を購入するのか、最低限の機能だけ果たせれば壊れたら買い替えで十分なのか。
塗装も同様で割高な理由も割安な理由も必ずあります。そしてそれは設計価格とは別の話になります。

おわりに

塗料の設計価格や外壁塗装の適正価格について紹介しました。

設計価格が塗料メーカーの設定する基準として世の中で運用されているのは事実です。

ほとんどの塗料メーカーはホームページなどで設計価格を公表しています。
そしてその価格を用いれば、どなたでも塗装工事単体の標準的な金額を算出することが可能です。

もしお見積の金額に疑問を感じるのでしたら、工事金額がなぜそんなに高いのか、なぜそんなに安いのか、塗装業者に直接尋ねてみることをおすすめします。

適正な価格とは、施主の捉え方次第とも言えますが、実際に住まわれる方は施主ご自身です。

この先何十年も住む大切なお住まいのために、ご理解・ご納得されたうえで、後悔のない理想の外壁塗装を実現させましょう。

 

工場・倉庫の塗装提案

ハウスメイク牛久は大型物件に定評がありとても親切な料金システムで担当者様から喜ばれています。アパート経営のオーナー様も一度工事をお願いしたら次も必ずというほど信頼されています。

お問い合わせはこちら↓↓↓
無料見積り・無料診断の依頼はこちら

屋根のドローン点検などのお申込みもどうぞこちらから、もちろん無料で行うことができます。

ショールーム紹介はこちら

土浦市最大級!ショールームオープン! 屋根材、塗料の見本など豊富にそろっております。コロナ対策もバッチリです。

土浦市の施工事例はこちら

土浦市の外壁塗装&屋根工事なら、

土浦市で数少ない自社職人在籍のハウスメイク牛久にお任せください!

土浦市で創業32年、累計施工実績6,000件以上!HPで施工事例を公開中!

お得な塗装メニューはこちら

塗料の詳細はこちら

多重ラジカル制御形無機塗料

職人・スタッフ紹介はこちら

無料見積り・無料診断の依頼はこちら